リバウンドなしでダイエットはできないものでしょうか。

停滞期のダイエット中断がリバウンドの原因といいますが、停滞期とはなぜ起きるのでしょう。

もともと体に備わっている防御反応、生命維持装置が働くためです。

そのため、厳しい状況にさらされた時に備えて、人の体には特別な防衛機構があります。

ダイエットによる食事制限などを生命の危機と捉えた体の防衛機構がリバウンドや停滞期になります。

遭難者が、わずかな食料で何日間も生き抜き奇跡の生還を果たすというニュースを耳にしたことがあるかと思います。

身体の生命維持装置が働いたおかげとも言えます。

ダイエットをしている人は遭難者と同じような体内環境になっていると考えられます。

ダイエットを行うと、体に入ってくるエネルギー量が減ります。

おのずと体がエネルギーをあまり使わないようにしようとします。

栄養不足を察知した体は、カロリーを燃やしてエネルギーにする作用を小さくし、体脂肪を増やそうとします。

停滞期に入り、カロリー消費を抑え脂肪の蓄積が盛んな状態にある時にダイエットをやめてしまうと、体内に存在する脂肪の量は一気に多くなります。

結果としてリバウンドが起こる原因となります。

ダイエット時における停滞期やリバウンドは生命の安全を守る為の身体に備わった正常な仕組みなのです。

ダイエットをする前に情報をできるだけ収集して、リバウンドが起きにくい環境をしつらえたいものです。

その上でダイエットをすることは意味があるでしょう。