フォトフェイシャル治療の弱点とは、どういったものがあるでしょう。

フォトフェイシャル治療は、医療行為として行われるものであることを知っておく必要があります。

フォトフェイシャルを行うところには、医者がいなければなりません。

どの医療機関であればフォトフェイシャル治療ができるかは、フォトフェイシャル協会で調べられます。

フォトフェイシャル協会のブランドロゴサインが提示してある医療機関ならば、正規の施設として安心して利用できることでしょう。

フォトフェイシャル治療を受けるには条件があり、人によっては治療を受けると肌に良くない影響が出ることがあります。

妊娠中の人、糖尿病の人、極度の日焼けやアトピー性皮膚炎で皮膚の状態が良くない人、光線過敏症の診断を受けている人などは、フォトフェイシャル治療は避けた方がいいでしょう。

時間と金銭的な面におけるデメリットも考えられます。

治療が終了するまで、フォトフェイシャルは数週間かかります。

何日かおきに3回から8回のフォトフェイシャルを照射する必要があります。

時間がなかなか取れない方には難しい治療といえるでしょう。

費用は、1回で1~5万円程かかります。

フォトフェイシャル治療に限らず、どの美容施術にも言える事なのですが、治療後の効果については個人差があります。

全ての人がフォトフェイシャルの治療で目覚ましい結果が出るということはいえないのです。