プチ豊胸の注意点とはどういったものでしょう。

プチ豊胸を考えているならば、良い面だけでなく、デメリットも十分に確認しておく必要があります。

プチ豊胸のデメリットの一つ目は、せっかくバストアップしても元に戻ることです。

ヒアルロン酸は体内に存在する栄養素であり、プチ豊胸で注入しても、徐々に体内に取りこまれていってしまいます。

ヒアルロン酸がなくなれば、豊胸効果もなくなってしまいます。

短くて1、2年、長ければ2、3年がプチ豊胸で胸を大きくしておける期間だといいます。

ヒアルロン酸を注入することで胸を大きくするプチ豊胸ですが、大幅なサイズアップは見込めません。

胸のカップでいえば、半カップから、2カップぐらいが最大と言えます。

アレルギー反応などは、ほとんどないと言われますが、高熱や痛みなどが伴う場合もあるといいます。

プチ豊胸の手術費用は、おおよそ20万円から30万円です。

ヒアルロン酸の注入量に応じて金額が左右されます。

効果期間に限りがあるため、何年おきかにプチ豊胸手術を受けなければ、バストサイズをキープすることができなくなってしまいます。

プチ豊胸を受ける時には、どういった注意点があるかを充分認識した上で、受けるかどうかを決める必要があります。