抜け毛が気になる人は多く、最近は女性も薄毛で悩む人が増えていると言われています。

特に前頭部や頭頂部の毛は、男性ホルモンの影響ではげやすいことからもわかりますが、髪はホルモンの影響を受けやすいといいます。

さらに髪に良くないのがストレスです。

何も対策をしないで放置しておくと、本格的な若ハゲになるので注意が必要な若い人の抜け毛は、ストレスによることも多いといいます。

何が抜け毛の対策が必要かどうかのチェックポイントかというと、約70本1日に抜け落ちるかどうかだといいます。

抜け毛が多い気がしても、この程度であればまず心配ありません。

実際1日の抜け毛の本数はよくわかりませんし、数えることもまず無理です。

抜け毛対策が必要かどうか判断できるのは、本数よりもその抜け方といった方がいいのかも知れません。

100本の単位で1日に抜け毛があるようなら、何かしら対策をとったほうが良いでしょう。

どんどん洗髪をした時に排水溝にたまる毛が増加するようであれば始めた方がよいのが、本格的な抜け毛対策ではないでしょうか。

若ハゲの前ぶれとなる抜け毛は特に短くて細い毛だそうです。

後の抜け毛を最小限に抑えることができますので、髪をとかして細い毛が抜けるようであれば早めに対策をしたほうが良いでしょう。

髪にコシがなくパサついている人は、髪自身も弱っているので、早めに抜け毛対策も考える事をおすすめします。