就職活動の際に活用するノートは、いつも使えるようにしておきたいものです。

自由に書き込めるよう、ページ間の空白を確保しておくと書きやすくなります。

就職支援セミナーで見聞きしたことや自己分析についてのメモなど、就職活動用のノートはスケジュール管理に留まらない利用がポイントです。

どういった自己分析が良いのか、特に初めの頃は逡巡してしまいがちです。

自己分析は就職活動に避けて通れないものですので、きちんとノートを取りましょう。

できるだけノートにメモしておくことで、エントリーシートに記入する際にもとても役立ちます。

実際、就職試験の際には、まず最初にエントリーシートの記入を求められる事がほとんどです。

エントリーシートに書くことを日頃からノートに整理しておくことで、就職活動がぐっと進めやすくなることでしょう。

企業説明会に参加してエントリーシートを記入する時には、できるだけ就職活動ノートなどを見ないで書くのが基本です。

中にはエントリーシート自体は試験ではないので、ノートを見ながら記入している学生もいます。

ノートの内容を写すような学生の評価を低く判断する会社もあります。

採用担当者によってノートを使っているか見ていることもあります。

うかつな行動で就職活動をふいにしてしまわないように、エントリーシートを書いている時にノートは使わないようにします。