不動産投資やアパート経営に際して近年注目されているのが、ノンリコースローンというものです。

非遡及型融資というのが、直訳するとノンリコースローンの意味になります。

会社や人の信用にではなく、融資を不動産などに対して行うのがノンリコースローンの特徴です。

ノンリコースローンが大半を占めているアメリカに対して、日本の住宅ローンはリコースローンと呼ばれるものになっています。

借入金の返済が何かの事情でできなかった場合はその支払いを連帯保証人などに求めるのが、通常のローンです。

担保を売却しても全額返済ができない場合は、担保として不動産を入れていた場合残るのが返済義務です。

反対に、不動産事業なら不動産事業に融資をするという形になるのがノンリコースローンです。

融資を行う場合、融資をする側は担保となる土地やアパートなどの収益性や売却時の価値のみに対してという形になるのです。

何かあって返済不能に陥った場合でも、債務者への返済義務は発生せず、責任財産となっている住居や土地などを売却するのみです。

ノンリコースローンのメリットは、融資を受ける側は担保以上の責任を負わずともいいということです。

金利が高くなる傾向が、利点がある分あるでしょう。

今後は日本でもノンリコースローンも増加していくと見なされており、これまでのリコースローンが一般的だった時代も終わるかもしれません。