初対面の人と話をする時、なかなかうまく人間関係を作れないということもありますよね。

初めての人だと緊張するのは当然ですし、あなた自身が話そうと思っても、相手の方があまり乗り気じゃないこともあります。

そんなことを考えていたら、人間関係が作れず・・・ということもありますよね。

まずは人間関係を上手に作る方法を実践してみましょうね。

■初対面の人でも緊張しない方法はある?

初対面の人だと緊張するという時、そもそも何に緊張しているのでしょうか?人間関係が自然とできあがっていく人は、そういう時に緊張しないことが多いです。

単純に「今日は初めての人と会うから、何を話そうかな」とか軽く考えていることが多いのです。

初対面の人でも緊張しないようにするには、気軽に構えることが大切ですね。

結局のところ、初めてということは相手も緊張しているので、あなた自身が緊張する必要はどこにもないわけです。

もちろん最低限のマナーは守らないといけないですが、あまり意識しすぎないことも大切ですね。

■上手に人間関係を作る方法は?

上手に人間関係を作るためには、まずは相手のことを知らないといけませんよね。

まったく知らない人に対して親しみが持てないように、相手も知らない相手と上手に人間関係を作れるかというと、そうではありません。

いろいろと自分から質問してみて、会話をどんどん膨らませていくことが大切です。

例えば、「今日は宜しくお願いします。

そういえば○○さんは、どのような仕事をしているのですか?」と聞けば、相手の仕事が分かりますよね。

もちろん趣味でも良いですし、好きな食べ物だってかまいません。

とにかく相手を知ることが大切です。

自分のことを聞かれて嫌な人はいないですし、失礼なことを聞かない限りは、良い人間関係も作れますよ。

■名前を憶えられない時はどうすれば?

まず、相手の名前を憶えないと人間関係も何もありません。

自分の名前を憶えてもらったら嬉しいですよね。

それは相手も同じなので、名前を自分から名乗り、相手の名前もしっかり聞いておくようにしましょう。

憶えられない場合は、会話の中で終始名前を呼ぶことがコツですね。

「○○さん、普段は何をしているんですか?」とか聞いてみると、自然と名前が頭に入ってきますよね。

そうやって会話することによって、相手も自分の名前を憶えてくれますし、自分も覚えることができて一石二鳥ですよ。

名前を呼んでもらうと人は好感触を覚えるので、名前を呼ぶということが良い人間関係に必須だと言えるでしょう。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、勇気をもって呼んでみてくださいね。

そうすれば、距離はぐっと縮まるはず。