なかなか友人関係を長く続けていくのは難しいですよね。

昔は仲が良かった友人も「今ではすっかり会わなくなってしまった」ということもあります。

しかし、一度できた友人関係を簡単に失ってしまうのは、本当にもったいないです。

社会人になり、仕事をし、結婚すればあまり会うこともなくなるのが日本人の特徴です。

ただ、中には毎週のように会って、仲間と楽しい時間を過ごしている人もたくさんいますよ。

■定期的に連絡するのが良いの?

メールや電話など、近年は簡単に連絡が取れるツールも豊富ですよね。

昔なんて手紙でやりとりしていた人もいるわけですが、それに比べたら確実に現代の方が友人関係は保ちやすくなっています。

定期的に連絡するのはとても良いことなので、どんどん連絡してみましょう。

友達から連絡が来て迷惑を感じる人なんていないので、どのような話でも良いです。

とにかく連絡をして、「最近調子はどう?」と語りかけてみるのも良いですね。

相手もいろいろと考えて返事をくれるはずなので、そこから会う約束などをしてみると上出来ですよ。

■友人関係を壊す原因って何?

友人関係というのは、時にふとしたことがきっかけで壊れてしまうことがあります。

お金関係だったり、恋愛関係だったり、仕事関係だったり・・・。

とにかく色々な要素が絡みあって、友人関係が失われてしまうことがありますね。

良い友人関係を保つには、お互いの仕事を尊重し合い、決してお金のトラブルを起こさないことです。

ただし、恋愛に関してはどうしても回避できないこともあるかもしれませんね。

例えば友人と同じ人を好きになってしまったなんて話も良く聞きます。

そういう恋愛関係の話に関しては、友人関係を壊してしまう可能性があるので、十分気を付けておくことが必要です。

あなた自身が恋をした時は、それを友人に相談してしまうというのも良いかもしれませんね。

■定期的に会った方が良いの?

友人関係をないがしろにしていると、やはり友人は違う人と交流を始めて行きます。

よくある勘違いなのですが、友人が自分だけだと思っている人もいるのではないでしょうか。

相手の友人が自分一人だけなら良いのですが、社会で色々な人と交流していくと友人もどんどん増えていきます。

だからこそ、自分の存在を忘れられないためにも、定期的に会うことがとても重要となるのです。

どんなことでも良いです。

「最近会ってないし、今度遊びに行かない?」と誘っても良いですし、「たまには飲みに行こうよ」と会う約束をしても良いと思います。

とにかく相手と会うことを前提に、いろいろと連絡してみると、長く友人関係を続けて行くことができますね。