人生の大半を過ごすことになる職場。

それはあなたにとって心地良いものであるかもしれないし、逆に心地良くないかもしれないですよね。

基本的に仕事が大変だとしても、人間関係が良ければ、ある程度はなんとかなるはずです。

まずは職場での人間関係の構築を目指しましょう。

あなたの味方をしてくれる人は必ずいますよ。

良い人間関係を作ろうとすればするほど空回りしてしまうこともあるので、リラックスして考えましょう。

■挨拶って本当に大切なの?

会社によっては挨拶をしても返ってこないなんて会社があります。

そういう会社は、良い会社とは言えませんよね。

社会人で最も重要なことの一つが挨拶です。

しかも人間関係というのは第一印象で決まることが多いので、ファーストインパクトの時に元気よく挨拶するのが良いです。

例えば新しい職場で働く時は、「○○と申します!今日からよろしくお願いいたします」と元気に伝えれば、「この子はやる気がありそうだ」と思ってくれること間違いないです。

何より挨拶は元気にしましょうね。

また、自分の趣味や好きなことを先に伝えておくと、会話の種になるかもしれませんね。

■同期と人間関係を作るコツは?

職場には同期というのがいます。

同じ時期にその職場に入ってくるメンバーのことであり、少なくとも一番自分の味方にしやすい存在と言えますね。

同期との人間関係の作り方としては、とにかく親しみを込めて話すこと。

本当の友達のように接すれば、職場の仲間がどんどん増えていきます。

同期は同い年ということも多いので、気さくに話しかけてみるのも良いかもしれませんね。

それが一生の職場の仲間になるかもしれないし、後々良い人間関係がそこから広まっていくかもしれませんからね。

同期は一番人間関係を作りやすいので、どのような会話でも良いので話をすることによって、仲を深めていきましょうね。

■上司や部下、先輩や後輩との人間関係のコツは?

職場の人間関係の中でも、特に気を遣うのが上司や後輩ですよね。

その職場で生き残っていくためには、上司や部下、先輩や後輩とも仲良くやっていくことが必要となります。

まず年上に対しては、必ず敬語を使うようにし、相手を尊敬することが必要です。

もちろん中には尊敬できない上司や先輩もいると思いますが、そこは徹底することが良い人間関係作りへの第一歩です。

また、部下や後輩に関しては、自分から積極的に話しかけるようにし、信頼を得ていくことが必要となります。

どちらも話してみないとわからないことなので、自分から積極的に話しかけてコミュニケーションを取っていくことが必要となりますね。

職場の人間関係は、第一印象と挨拶と会話が重要ですよ。