目元ケアで大切な事はクレンジングですが、肌に合ったクレンジング商品を使うようにしましょう。

オイルクレンジングは洗浄力がありますが、肌の乾燥が進みやすくなります。

乾燥肌や敏感肌の人は、ミルクやジェルタイプのクレンジング商品を使った方が良いと言われます。

クレンジングクリームなどのふき取りタイプの商品は、たっぷりつけないと肌をこすって肌に刺激を与えてしまう事もありますので注意が必要です。

クレンジング剤の選び方ひとつで、肌にかかる負担も変わります。

目の周囲は特に刺激に弱い部分なので、クレンジングも優しく行うようにします。

クレンジングで化粧汚れを落とす前に、アイメイクに関しては専用のポイントクレンジングでメイク汚れを洗い流してしまうようにしましょう。

アイメイクを落とすためのクレンジング剤は、洗い落とす力が強めに作られているので、顔全体のメイク落としには向きません。

目にはマスカラのような濃いめのメイクをすることがありますが、中途半端な洗い方をしているとシミになってしまう場合もあるそうです。

クレンジングは必要量をしっかりつけ、指の腹の柔らかい部分でメイクの部分を撫でるようにして浮かび上がらせます。

目元の皮膚は薄いので、クレンジング剤が足りない状態で化粧を落とそうとすると、皮膚がこすれてダメージを負うこともあります。

少し多めのクレンジング剤でメイクを落とすようにします。

クレンジングは目元ケアの基本といってもいいところです。

肌に負担をかけずにメイク落としをするためのクレンジングを覚えて、適切な目元ケアをしてください。