マンションを経営することで、ローン返済にあてる人もいます。

マンションを購入し他人に貸して、家賃を得るのがマンション経営です。

マンション購入に必要なお金を用意できなければマンション経営は無理ということはなく、ローン返済の一部を家賃収入で賄うという考え方もあります。

マンションを購入するためにローンを組む時は、団体信用保険に入っている必要があるといいます。

団体信用保険に入る目的は、ローンの完済前に融資を行った人が死んでしまった等のアクシデントがあった場合でも、保険金をローンの返済に充てるためのものです。

融資を受けた当人にもしものことがあってもマンションの売却はせずに済みますし、家族が返済を継続しなければならないこともありません。

マンションを貸し出していた場合は、家賃という安定した収入とマンションを家族に残すことができます。

ローンでマンションを買う場合、生命保険料金がローンに含まれています。

別途生命保険に入って支払うより、保険料の負担を感じなくていいのがいいところです。

もしもマンションを経営するつもりならば、家賃や立地は重視しなければならないでしょう。

常に誰かが入居し、家賃を確保しやすい駅の近くのワンルームマンションがおすすめです。

リスクをかけすぎないために小口のローンでマンションを購入し、家賃収入がある程度貯まったら次々とマンションを買うことが理想的です。