しわやたるみを除去する信頼性の高い方法を望むなら、フェイスリフトアップがおすすめです。

ただし、メスで顔を切る方法というのは、整形手術に抵抗がある人や術後にトラブルが起きないかとためらってしまう人もいます。

最近は、メスを使用しないフェイスリフトアップが注目されています。

金の糸やワプトス、フェザーリフトを使って皮膚を引っ張り上げるのが、メスを使わないでたるみを解消するフェイスリフトアップを行う場合の基本的なやり方となります。

メス不要のフェイスリフトアップであれば、針の跡がわずかに赤くなるくらいです。

皮膚を切る必要もないため、縫合もなく、跡が残る心配もありません。

腫れなどもないのでタイムラグが少なく、翌日から洗顔やお化粧も可能です。

人に知られずに若返る事ができると言うメリットがあります。

ほっぺたのたるみが気になる人は、メスのいらないフェイスリフトアップが向いています。

こめかみ部分から引っ張るため、ほうれい線や目の下のくぼみなどもカバーしてくれるので、顔全体的に効果があるわけです。

皮膚に糸を通して引き上げるフェイスリフトアップでは、肌質によっては、皮下の糸がわずかに透けて見えてしまうということがあるようです。

すべての人にという事では無いのですが、切らないフェイスリフトアップを施術する前にはメリットとデメリットについても、よく理解しておく事が大切です。