誰でも可能な顔のリフトアップ術は色々と存在しています。

年齢とともに皮膚のたるみやしわは段々増えてきます。

人によっては30代頃から既に顔に変化が現れます。

実際高齢になるにつれ、もはや自然現象とあきらめる人も増えるようです。

できれば少しでもリフトアップを心がけておきたいもの。

高級なリフトアップグッズや美容施術を利用せずとも、家でできるリフトアップは幾つかありますので、試してみてはどうでしょうか。

リフトアップに効果的だといわれているやり方に、表情筋を鍛えるものがあります。

顔の筋肉を強化することによって新陳代謝を促進して不要な老廃物の排除を促し、筋肉強化でたるみを解消するというものです。

口元のリフトアップには、イとウの音をゆっくりと言う運動が効果的です。

難しくないように感じるかもしれませんが、きちんとイとウの音を発声するためには筋肉を使います。

イとウを交互に言っていると徐々に頬や顎の筋肉を使っている実感が出て、リフトアップになります。

お酒を飲んだ翌日など顔がむくみやすくなりますが、体操をすることでむくみの解消にも効果があります。

毎日の表情の変化だけでは動かす機会があまりない表情筋を動かすこともリフトアップになります。

顔にはたくさんの筋肉がありますが、普段の会話や笑顔くらいでは使わない筋肉もたくさんあります。

鏡に向かって、あまりしない表情を作ってみることも、顔のリフトアップ効果をもたらすことができると言われています。