見た目をスリムにしたい場合、脂肪吸引は非常に優れた方法です。

その反面、体から脂肪を抜き取る脂肪吸引は、身体にかかる負担も大きなものにならざるをえません。

一度にあちこちの脂肪吸引をしたり、広く脂肪吸引をすることは、体のためにはしない方がいいでしょう。

脂肪吸引をすると、どうしても毛細血管が傷ついてしまい腫れを伴います。

脂肪吸引をしてもらう人のコンディションの他にも、施術をする側の技術力でも結果は変わります。

施術後、肌が元通りになるまでは一定の時間がかかります。

脂肪を吸引した場所が不自然にへこんでしまうという症例もあります。

これは、脂肪吸引を行うスタッフの技術が満足なものではなかった時に発生します。

実績があり、適切な方法で脂肪吸引を行っている人であれば、不用意に肌にでこぼこが残ってしまう心配はありませんので、事前の下調べが大事です。

脂肪を吸引したい部位だけを、部分麻酔で感覚を失わせる施術もありますか、全身麻酔で一気に脂肪吸引を施すというものもあります。

使う麻酔は脂肪吸引の場所や範囲、麻酔のききすやすさや体の調子で決まります。

外科的な方法は怖いからと脂肪吸引を避ける方もいるようですが、施術者の技術によっては困ることはありません。

しっかりと事前に脂肪吸引について情報収集することをおすすめします。