マンション購入とローンの種類についてです。

マンションを購入するにあたり、いったいどのくらいの資金が必要になるのでしょうか。

自分の財産のみで、融資を受けずにマンションを購入することは簡単ではありませんし、万が一の事態に直面した時のためにある程度の貯金は持っておきたいものです。

今であれば住宅ローンに対する減税がありますので、ローンの優遇を受けることができます。

まとまった頭金を用意できずとも、融資を受けられる住宅ローンもあります。

マンションを買う時に必要な費用の2割が頭金となるという形が多いようです。

頭金以外の金額はローンになり、当初の返済条件に従って返済を行います。

ローンは公的ローンと民間ローンの2種があり、借入や返済の条件がそれぞれ特徴があります。

金利が比較的低いため、返済不能のリスクが低いことが公的ローンの長所です。

財形住宅融資、住宅金融支援機構、年金住宅融資、自治体融資などがあります。

ただし審査のハードルが高いので、融資額が希望額に満たず民間ローンが必要になることがあります。

一方、勤務先の企業が社員に対して行っているローンや、銀行や消費者金融会社、生命保険会社が扱っている民間ローンは、審査の結果次第や年収で借入金が決まります。

月々の返済の他にボーナス時のまとめ返済なども可能ですが、月の収入の2割以内の返済額にしておくといいでしょう。

念願のマンションを購入できたとしても、ローンの返済が不能状態になってはマンションを売却せざるをえません。

ローンを返すために毎月の基本的な出費を減らさざるをえない状況では、マンションは買えても返済の継続が危ぶまれます。