申告制なので自ら申請しない限り、税金を控除してもらうことはできないのが、住宅ローンの税額控除というものです。

自分が住宅ローン控除を受けられる場合には、必要書類を新居に住み始めた次の年の3月15日までにそろえ、確定申告しなければなりません。

準備をあらかじめしておかなければならない書類がいくつかあるのが、住宅ローン控除を申請する場合です。

最初に金融機関でローンを借り入れているところが発行する年末借入金残高証明書が必要です。

ローンの残高を証明することができるものです。

源泉徴収票という給与など所得を証明するためのも必要です。

家の登記簿謄本か抄本もこれに加えて用意します。

あとは工事の請負契約書と、購入した証明の売買契約書の写しも必要となります。

住民票も忘れてはいけない大事な書類です。

住民票を基準に新居に住み始めた日を決めるのが、住宅ローンの控除です。

いつが住民票の登録日かによって変わってくるのが、税額控除が受けられる年です。

会社から給与をもらっていることが、いわゆるサラリーマンという場合があるでしょう。

毎年それで税額控除を受けることができますので、2年目からはローン会社からの残高証明書を年末調整の際に添付しましょう。

いくら控除額が多くても所得税以上は使えないのは、控除の税額は所得税の金額が上限になるからです。

注意が必要なのは、控除金額は、控除できる金額が20万円であってもその年の所得税が15万円であれば15万円になり差額を翌年には繰越しできないということです。