金額が大きい為毎月の返済も大きな負担になっている人も、住宅ローンを組んでお金を借り入れしている場合には多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除は、住宅ローンを支払う人にとってとてもありがたい制度で、少しでも負担が軽くなるのではないでしょうか。

条件がいくつか、恩恵を受けるためにはあるといいます。

ひとつはローンの返済期間が10年以上というものです。

場合によっては住宅ローンの繰上げ返済をすることもあるので注意が必要です。

繰り上げ返済を、早くローンを終わらせたいからと途中ですることがあります。

10年より残りのローンの返済期間が短くなってしまうと受けられなくなるのが税金の控除なので、注意しなければなりません。

50平方米以上家屋の総床面積がないと、所得税の控除対象にはなりませんので、住宅ローン控除の対象となる住居の大きさにも規定があるようです。

大きさが足りないことがあるので、ワンルームマンションなどは気を付けなければなりません。

事前に確認することを、分譲マンションを購入した場合、広告などに掲載されている占有面積と実際の床面積が違うケースもあるのでおすすめします。

床面積としての実際の計測が、住宅ローンの減税制度を利用するためには基準になっています。

確認を不動産会社に取った方が、部屋の大きさがよくわからない時にはおすすめです。

とても重要なのが住居の入居日です。

家を購入して、住宅ローンの控除は住宅ローンの返済が始まっても住民登録されていない限り申請不可能です。

一度確認してみることをおすすめしたいのは、住宅ローン控除は、新築住宅だけでなくバリアフリー改修工事や省エネ改修工事をした場合でも、適用される場合があるのでその点についてです。