カードローンとキャッシングの返済方法は、同一というわけではないものの、一から十まで違うというほどでもないようです。

カードローンで残高スライドリボルビング方式を行う場合、完済まで何回の返済を行うかを決めてから計算します。

借入金額によっては、月の返済金が少なすぎると元金の残高がほとんど変わらない場合があります。

最初のうちは少し大変でも、徐々に返済がしやすくなるという方法で完済しやすくしているといえます。

以前はただローンという名称がついていました。

カードローンでは、申込時に発行されるカードを使うことで、提携銀行ATMなどで融資や返済が手軽にできます。

最近は、キャッシングもATMで入金、送金を行うスタイルが定着しています。

比較的高額の融資を受け、月々の返済で返していく方法がカードローンのかつての形でした。

キャッシングの方は、一度にまとめて返すというものでした。

キャッシングはちょっとした現金が必要な時、カードローンは値の張る買い物をする時が以前までの状態でした。

しかし、近年ではカードローンとキャッシングのサービス内容は互いに似通っています。

キャッシングでも借入限度額は多くなり、返済も分割が一般的ですし、カードローンも少額からの融資ができるようになっています。