国民年金と厚生年金の最大の違いは、より多くの給付が受けられるかどうかにあります。

厚生年金は会社員や公務員が加入するもので、国民年金相当額も含まれています。したがって、国民年金も受給しかつ厚生年金加入者であればその部分の受給も出来るようになっています。

かつて公務員は共済年金への加入という形でしたが、平成27年10月からは厚生年金制度に一本化されました。したがって、今後は国民年金か厚生年金に加入することになります。

負担すべき保険料も大きく違いがありました。ところがそれも徐々に解消されていき、同じ保険料率になる見込みです。

国民年金は自営業者や無職者などの人が自動的に加入をするべきもので、20歳になると加入をすることとなっています。途中で会社員や公務員になった際には、そちらへとシフトするわけです。

したがって、一般的には会社員や公務員になれば厚生年金に加入することができ、より多くの年金を受給することができます。

自営業者の場合には、より多くの年金を受給するためには、付加年金保険料等に加入をして自営の策を講じる必要があります。

このように国民年金と厚生年金は、加入の条件と受給できる額に違いがある制度です。

なお、いずれの制度にも障害年金や遺族年金といった、老齢年金以外の制度は同様に付随しています。