小顔に憧れる人は多く、顔を小さくするにはどうすべきか、痩せる方法を求める声はたくさん聞きます。

顔は他の部位より脂肪が少ない部分であり、顔の形は骨格の影響もあります。

顔を小さくしたいといっても骨を縮めることはできないので、顔痩せには限界があるといいます。

生来、あごの骨が細ければ顔は小さく見えるため、骨の影響が大きいようです。

小さな顔を喜ぶ風潮があることから、小顔になるためのケアを題材に取り上げるメディアも増えています。

人によっては、顔についている脂肪量が多い場合や、顔がむくみやすいという場合もあります。

マッサージをすることでも、ある程度顔が痩せると言われています。

顔面の筋肉を表情の変化で積極的に動かすことによって、顔を引き締めるという手法もあります。

顔面には様々な筋肉が張り巡らされていますので、表情筋を使うことで顔のシェイプアップ効果があるといいます。

特に日本人は普段から、あまり表情を変えず、口をあまり動かさずに発音することも多いものです。

顔の筋肉を使う機会自体が少ないと言われていますが、意図的に表情を増やし、表情筋を使うようにすることでむくみ対策にもなるといいます。

憧れの小顔を目指すならば、顔のむくみ対策や脂肪の代謝を促進するたには何が有効かを見極めることがポイントです。