数あるサプリメントの中には、子供が使うことを前提とした商品も増加しています。

子供がサプリメントを使う場合は、使用上の注意を守ることがポイントです。

サプリメントは食品として販売されていますので、副作用のリスクはとても低いとされています。

大人用のサプリメントをまだ体の小さな子供に使わせると、分量が多すぎて悪影響が出かねません。

健康にダメージが生じてしまう可能性もあるため、要注意です。

海外では、子供にサプリメントを飲ませすぎたことが原因で、腎臓の働きに悪影響が出てしまったことがあります。

サプリメントに対して100%安全とは言い切れない、という意見も数多くあります。

脂溶性ビタミンは余剰分が排出されず、肝臓に残ってトラブルを起こすことがあるので、気をつけなければいけません。

サプリメントを使わずとも、毎日の食事で栄養は足りていることもあります。

サプリメントを使ったために栄養を過剰に摂取することになってしまうことが子供にはあるといいます。

体の外も中も成長し続けている子供には、食事から栄養を確保することをまず考えたいものです。

確実に栄養を体に取り入れたい時は、サプリメントは役に立つものではあります。

しかし、子供の成長を考えた場合、できるならサプリメントより食事に比重を置いた方が、良い結果をもたらすといいます。