未成年の肥満率が高まっており、予防が重視されています。

幼少時から肥満になる人が多いのは、食料が豊富な時代ならではです。

豊かさの象徴ではありますが、子供の肥満予防は深刻な問題です。

よく肥満は遺伝すると言われていますが、確かに乳幼児の頃の肥満は遺伝的な要素も大きく予防がしにくい面もあります。

幼児期から学童期にかけて増え始める肥満は、遺伝よりもむしろ生活習慣や食習慣に問題があることも多いようです。

肥満を予防するには、家族や保護者の対処が必要になります。

家庭での食事が高カロリーであることが子供の肥満に関係しているなら、家の人間も肥満であるかもしれません。

食事を共有していることで、子供が肥満になりやすい環境にあることになります。

この場合、肥満を予防するためには、家族ぐるみで食生活を改善し、栄養の整った食生活を目指すことがポイントになります。

肥満度の高い子供は運動を好まないことが少なくないため、そのために運動不足になって肥満が悪化するといいます。

運動を楽しいものと見なしている子供は積極的に体を動かしますから、運動を苦手にしないことが肥満の予防になります。

特に子供の場合は水泳が肥満の予防に役立ちます。

最近では幼児期から習い事を始める子供の多いのですが、スイミング教室は肥満の防止にもおすすめです。