漢方ダイエットにおいて基本となるのは、気、血、水のバランスが取れている事で一番重要とされます。

漢方で気とは何でしょう。

水と血と異なり、気という言葉は馴染みが薄いものです。

気という言葉、漢方では筋肉を示しています。

筋肉が適度に体に付いていないと、食べたものを燃やしてエネルギーにすることができません。

筋肉量が足りないと脂肪を動力源に転換する機能が働かず、疲労を解消しづらくなり、脂肪が減らしにくい太りやすい体になります。

血のバランスが悪く足りていないと、血流が滞って血栓が起こりやすくなり、血中の脂肪分も増えてしまいます。

体内の水のバランスが悪いと、むくんでしまい、体に水分を溜め込みやすいダイエットに適さない体質になります。

漢方ダイエットをする場合は、まず第一に体の流れがきちんとバランスが取れているかをチェックするところから始まるのです。

体のバランスが悪いところを直す為の漢方が処方されます。

漢方の考えでは、体の3つのバランスが取れていることが重要です。

人体に不要な水分や老廃物は速やかに体外に出し、食事を効率的にエネルギーにして消化するには、水と血と気のバランスが大事になります。

特に食事量を減らしたり、苦手な運動を毎日せずとも、漢方を使ったダイエットは個々人の体質や環境に合わせて最も適切なダイエットを実践することができます。