髪型が薄毛の原因になる場合があります。

いつも同じ所でしか分け目をつけていなかったり、長い髪を毎日きつくしばっていたりする場合があります。

頭皮の同じ場所に一定の負担がかかり続ける事により、薄毛になりやすくなります。

スタイリング剤等で油分の多いものを使いすぎると、髪の成長を毛穴が詰まって阻害する為なりやすくなるのが、薄毛です。

髪型は気分や日によって、薄毛予防の為にのなるべく変化させるのがおすすめです。

量や品質に配慮して、頭皮への負担を減らせるようなスタイリング剤にしましょう。

頭皮や頭髪にダメージを与える、頻繁なカラーリング、ブリーチ、パーマが原因で薄毛になるといいます。

ヘアダイやドライヤーの使い過ぎも薄毛の原因になります。

カラーリング、ブリーチ、パーマの時は適度な間隔をあけて、染料が頭皮につかない様に気をつけることが、薄毛予防の為には大切です。

薄毛予防の為に欠かせないのが、ブラッシングです。

ブラッシングで使ったほうが良いのは、髪だけでなく地肌迄ブラシの先がよく通る毛足の長めの粗いブラシです。

ちょっとした毎日の心がけが大切になってくるのが、薄毛予防です。

健康な状態を頭皮が維持できるように、薄毛の予防生活を髪をいたわることで開始しましょう。

少し生活習慣や食生活を改善するだけでも、心も体も健康に、薄毛予防だけに限らずになることができるといえます。