有酸素運動として水泳は、下半身のダイエット効果が期待できるといいます。

効果的なダイエット運動ができる水泳は、水の中で体を動かすために体全体に水圧がかかります。

代謝が促進されるのは、全身運動でもあり、呼吸筋が特に呼吸が深くなるので鍛えられるからでしょう。

深いところほど水圧は高くなるため、水圧は立った状態では下半身に主にかかるようです。

下半身ダイエットには水中ウォーキングなども有効で、むくみ解消にもおすすめです。

脂肪の代謝効果が弱まっていることが下半身太りの原因で、ふくらはぎや太ももの筋肉が減ることによって起こります。

水泳は脚を動かすことが、膝や腰の関節に負担をかけずにできるようです。

ふくらはぎやももといった下半身のを鍛えることで可能なのが、脂肪が燃えやすい下半身になることです。

ダイエット効率を高めるには、30分~60分を目安に水泳をすることです。

泳ぎが得意でない場合は、水中ウォーキングに取り組むといいでしょう。

重力から解放され、水の中に浮くことはストレス解消にもなります。

水流がマッサージと似た効果を発揮して血流を促進します。

体は体温を維持するために、温水プールでも水温は一定レベルが保たれていますので、エネルギーをどんどん燃焼してくれるのです。

下半身のダイエットにとても適した方法が水泳なのです。