キャッシングを過払いをしていないか気にしているという方は少なくないようです。

実際、長期間キャッシングを利用していた人の中には、かなりの金利で支払いを続けています。

過払いの請求手続きをしたところ返済残高が急激に減ったり、支払った金額が戻ってくることもあります。

法改定などがあり、過払いの可能性があるのは、キャッシングのみに限定されます。

利息制限法で定めた金利より高い金利で返済をした人は過払いの可能性があります。

実際に過払いがあるのか、また過払いの場合金額はどの程度あるのかは、取引履歴を請求して支払い額との引き直し計算してみなければわかりません。

キャッシングの過払いを確認したい場合は、まず利用した金融会社に連絡して取引履歴をもらいましょう。

取引履歴を見て、金利が20%以上で計算されていた場合は、過払い請求が可能となります。

キャッシングの過払い請求方法は、何種類かがあります。

キャッシングによっては、過払い請求による対応をきちんとしてくれないこともあります。

司法書士や弁護士を通じて過払いの請求ができれば、安心して任せることができるでしょう。

過払い請求は訴訟になることもありますが、もしそうなっても十分にキャッシング会社を相手取ることができます。