住宅ローンの借り入れをするには審査がありますが、かつてのキャッシングの利用履歴は住宅ローンを組むに当たって関係してくるのでしょうか。

実際には、キャッシングの履歴が、一切影響しないということはないようです。

では、キャッシングを使ったことと、住宅ローンの審査は、どんな形で影響するものでしょう。

住宅ローンにしろキャッシングにしろ、どちらも他人から借金をしていることになります。

用途が決まっているかいないか、金利や限度額などの貸付条件、審査内容などに違いはありますが、住宅ローンもキャッシングも融資を受ける点では一致しています。

キャッシングは比較的誰にでも手軽に借り入れができます。

その点、住宅ローンは年収や勤続年数などによっては審査を通らない可能性もあるといいます。

キャッシングの利用履歴とは、借金をしたことがあるかどうかという意味です。

住宅ローンの審査の際、返済に関しての信頼度が下がることになります。

年収が十分にあり、どちらも同時進行で返済可能であったとしても、キャッシングしている事実は審査の妨げになりえます。

では、キャッシングを過去に使ったことがあり、現在では返し終わっているならどうでしょう。

この場合でも履歴は残っています。

住宅ローンの審査に、過去にキャッシングを使っていたことは何らかの形で作用すると考えていいでしょう。