住宅ローンは一度キャッシングをしてしまったら、ローンを組むことは不可能なのでしょうか。

実際はそんなことは無いようです。

過去に滞納がなく完済していればOKという住宅ローンもあります。

金融会社から融資を受けられる体制になっておらず融資も受けてなければいいという住宅ローンもあります。

キャッシングによっては、お金を借りていない状態でも、その気になればすぐに融資可能なこともあります。

そのことが、住宅ローンの信用に影響を及ぼすこともあるようです。

毎月の返済日までに契約に基づいた返済金額が支払われるかが、住宅ローンの審査では最も重用視されているようです。

返済を滞らせずにきちんと返し終わったかがポイントです。

各住宅ローン会社の審査内容によって判断は違ってきますので、気をつけてください。

審査の仕組みは金融会社によって異なりますが、住宅ローン審査はその金融会社に関連した保障会社の仕事です。

保障会社は、個人信用情報会社に住宅ローン申請者の情報を照会することにより審査します。

そのため、審査では銀行でどこまで情報収集をするかというより、信用情報会社にある情報の内容が重要です。

信用情報会社に管理されている情報をどうこうすることはできませんので、せめて住宅ローンの審査を受ける前にはキャッシングは完済してからにしましょう。