女性の平均体重と標準体重はどのような関わりがあるでしょう。

平均体重を調べても、自分の標準体重はわかりません。

身長や性別によって異なるためです。

標準体重は計算で算出することができます。

以前は、身長をセンチ単位になおしたものが100を引き、9掛けにしたものが標準体重と呼ばれていました。

近年では、体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))という計算式を使って求めた数字で肥満度を判断するBMIという計算方法がよく使われています。

BMIの数値からいくと、日本人の平均体重は、およそ標準体重の値になります。

特に女性は平均体重から考えると、かなり細身であることがわかります。

健康管理の分野における平均体重とは病気をしにくい体重であり、BMIはその考え方で決められています。

BMIの数字は外見的にはぽっちゃり気味で、きれいな体型を目指すなら平均体重を基準にすべきという女性も多いようです。

18.5~25ならば標準体重であり、ダイエットの必要性はないというのがBMIでの基準値です。

若い女性のBMI平均は、22以下という計算結果もあるようです。

運動をせず筋肉が減っている女性が多いこと、細い体がきれいだという美容観によって、平均体重は減り続けているともいわれています。

体脂肪やBMIの平均はあくまで計算上のものであり、平均体重は自己申告によって得た情報からのものとなります。

やせ志向や平均体重にとらわれず、自分にとっての最適な体重や体脂肪率を知ることが、女性が理想的体型になるためには大事です。