転職を支援する自治体があるようです。

過疎が進行している地方では、労働人口の不足から求人がだぶついている職業も存在します。

国の屋台骨となる農業や漁業のつき手で減少しつつあることも問題であり、就職の支援に熱心な自治体も多いようです。

過疎が進んでいる自治体では、独自の転職、就職支援セミナーを開催しUターン就職やIターン転職を支援しています。

働き手を求めて求人を出している会社が、自治体の開催する転職支援セミナーにいることもあります。

企業側と直接話をすることができますので、様々な話が聞けるでしょう。

介護や福祉に関する人材が少ないことが問題視されています。

転職活動においても、介護の仕事を希望する人が増えるようにと様々な支援策をとるところもあるようです。

不足しがちな人材の補充やスキルアップのため、商工会議所でも転職活動を支援するための就職フェアなどが開催されています。

転職に関するセミナーやフェアに参加することで、これまで目を向ける機会がなかった業種とのつながりができたり、有力な情報が手に入ることもあります。

特にITや外資系の仕事は専門性からなかなか具体的な情報が入りにくく、転職しづらい分野だといえます。

転職に関する契機が、支援セミナーや転職フェアでの企業の出会いの中にあるかもしれません。

今はまだ退職の予定が具体的に決まっていないとしても、転職支援のセミナーに行って情報を集めるという考え方もあります。