近年注目されているのが、派遣会社に登録して働くことです。

最近は正社員での働き口を探すことが困難になっており、派遣社員で仕事をする人が増えています。

会社が同一だったとしても、派遣社員と正社員は扱いが違います。

福利厚生や給与は会社からは得られず、あくまで派遣会社からとなります。

派遣会社が仲立ちとなって、派遣社員と会社とをつなぎます。

採用までの流れや給料の支払いなどを直接行うことはありません。

人材派遣会社は登録をして仕事を紹介してもらいます。

登録者のスキルや経験から企業側が求める能力のある人をピックアップし、紹介をするという仕組みです。

条件が合う人が見つかったら連絡を取り、登録した人に派遣社員としてその会社で働いてもらいます。

仕事を探す人と、働ける人を探す企業とのマッチングを派遣会社が取り扱っています。

会社と派遣会社との間で働く期間の取り決めが行われ、その期間内での業務となります。

働き始めるまで条件に気付かなかったということがないよう、正社員とは違う部分をしっかり認識しておくことです。

派遣社員の労働環境は正社員よりも悪いと言われていますが、近年では求人数が大幅に減っていることもあり、派遣での働き口すら見つけにくくなっています。

今後も、派遣会社への登録者が多くなると予想されます。