友達や家族との旅行などで電車の時刻表を確認する際、乗りかえ情報の確認できるアプリを使って検索している人は多いですが、本の時刻表も一度使ってみると面白さが分かるものです。本の時刻表は月に一度の発行で書店でも販売されています。

例えば東海道、山陽新幹線を利用する際、アプリなどの乗り換え情報で時刻を検索すると、時間、料金別など、いろんな検索方法が出来ますが、本の時刻表の場合、自分で乗る列車や乗り換え列車を決める楽しみがあります。

1日にどれくらいの本数の列車が運行されているのかも、ページをめくることで全体像が非常に分かりやすいです。

また、料金の計算方法も後半のページに記載されています。JRの特急料金というのは、特急列車を2つ乗り継いだ場合、乗り継いだ列車の特急料金が半額になるのですが、そういったことも本の時刻表には説明が記載されています。

アプリの場合、特急料金の合計は記載されて確認することが出来ますが、どうやってその特急料金が計算されたのかまでの詳細は表示されません。

また、閑散期、通常期、繁忙期で料金も違うのですが、そういったこともブックタイプの方にはきちんと時期や料金が記載されています。