自己分析は就職活動をする際には何をしたいかが中心ですが、転職活動の自己分析で大事なのは何ができるかということです。

身につけたスキルや積み重ねてきた実績を、これまでの経験を見直すことで整理してみることが転職活動のポイントです。

フラットな視点から自分がしてきたことを評価することだといえます。

無闇に先入観を持たないことが、自己分析をする時のコツです。

自分はこういう人間だ、という精神状態で自己分析をしていては新しい情報が得られません。

自分自身と向き合って、一度自分をリセットしてみることをおすすめします。

そんなことは強みにはならないといった否定的な感覚で自分の言葉を否定しないようにしましょう。

転職活動時の相手が最終的な評価を下すのであり、自分ではないのです。

転職時の自己分析ではキャリアプランや将来像を求められることがあります。

将来へのビジョンは無理矢理描くようなものではありません。

自然に見える人は見えるでしょうが、背伸びしてまで強引に見るものではないのが将来像です。

自分の将来を転職に際して強引に型にはめてしまうと見えなくなってしまうこともあるのが、それ以外の道です。

大切なのは、実際に転職のとき自己分析する場合に。

自分の中に存在する可能性を大事にすることではないでしょうか。