サプリメントはコンビニやドラッグストアなどで様々なものを見かけますが飲む時間は決まっているのでしょうか。

最も一般的なサプリメントであるビタミンCの飲む時間とは、いつでしょう。

ビタミンCに限らず、サプリメントの効果は有効成分の血中濃度と相関関係を持ちます。

血中濃度が高い状態が続けば、人体に及ぼす影響は大きくなるでしょう。

ビタミンCは過剰に摂取しても、体外への排出量が増えるだけで意味がない栄養成分です。

そのため、サプリメントを食事の後に摂取するなど、体内濃度を高めるための工夫が必要になります。

ビタミンCは、普段から食材から得ていますので、体の仕組みから考えても無駄がありません。

実際、1日3回食事のときに摂取すると、血中濃度が上昇します。

次にオススメする飲む時間は、食事と食事の間です。

生活習慣によって食事タイミングは異なりますが、四時間~八時間の間隔があくのが一般的です。

ビタミンCは摂取してから三時間で血中濃度が上がるため、食前は体内量が減る傾向があります。

体内のビタミンC量を維持するには、食事後数時間後にサプリメントを摂取します。

寝る前に飲むのもいい方法です。

体内の成長ホルモンやビタミンCの作用によってコラーゲン繊維は合成され、また、ビタミンCによってメラニン色素の生成が抑制できます。

寝る前にサプリメントでビタミンCを飲むことで、寝ている間の成長ホルモンの活動の活発化をサポートできます。

効率的な飲む時間を考えることで、サプリメントを賢く利用していきたいものです。