自分はどんな仕事が向いているのか、どんな仕事をこれからしていきたいのか。

まず自分の適職は何なのかを、就職先を探す時は多くの人が検討するはずです。

絶対に一致するとは限らないのは、好きな仕事と向いた仕事です。

自分が自分のことを一番良く知っているとも言えないはずです。

身近な人から意見を聞いたり適職診断などを受けて、多角度から仕事について検討してみてください。

仕事の分野で興味があるものは何か、物づくりか人との交流かデータの分析か。

世の中には様々な仕事があるのです。

自分に向いた仕事が1つとは限りません。

適職診断や自己分析で出した結論が正しいとも限りません。

自分に向いた仕事は何なのかは、実際のところやってみなければ分らないといえるでしょう。

何もかも事前に仕事の内容を想像することはまずできるものではないのです。

自分に向いた仕事を就職前に決めつけすぎる必要は無いのかも知れません。

仕事を実際にしてみて慣れてさえくれば自分に向いた仕事に、仕事の面白さがわかることですることができるのではないでしょうか。

自分に向く仕事とは案外と幅があるものです。

自分に向いた仕事を探す時は、あまり1つの業種1つの仕事にこだわりすぎないことも必要かも知れません。