インフルエンザの症状の中には風邪に似たものも多いため、風邪と勘違いして市販の風邪薬で治そうとして悪化するというケースもよくあるんだって。

インフルエンザと風邪はどんな違いがあって、どんな風に判断すればいいかお話しするね。

一般的な風邪の症状には、咳やくしゃみ、鼻水、のどの痛み、痰、そして38℃以下の発熱があるんだそう。

でも、インフルエンザの主な症状は、まず悪寒や倦怠感、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身に症状が出て、その後に咳やのど痛み、鼻水などの症状が出てくるの。

風邪の時にも悪寒や倦怠感の症状も出るんだけど、インフルエンザの場合は、なんの前触れもなく症状が現れるのが特徴で、全身症状もインフルエンザの方が強く現れるんだよ。

また風邪は1年を通してみられるのに対し、インフルエンザは日本の場合、11月から12月頃にかけて流行しはじめ、1月から3月頃にピークを迎えるの。この時期に急激に全身症状が現れたらインフルエンザの疑いは高いんだって。

インフルエンザは市販薬ではなかなか治らないから、解熱鎮痛剤などを飲むと逆効果になる場合もあると思う。また合併症などにも注意が必要なので自己判断するのは危険だよ。

インフルエンザの多くの場合は38℃以上の高熱が出るんだけど、まれに37℃以下でもインフルエンザの判定が出る場合もあるらしいから、熱がないからといって一概にインフルエンザではないとはいえないと思う。

インフルエンザが猛威を振るう冬場は特に、不安な症状があるときはすぐに病院に行くことをおすすめするよ。