インフルエンザb型は、一般的にa型の終わった直後の2月から3月にかけて流行することが多いといわれてるんだって。また、今までだと、a型のインフルエンザと異なりb型は2年に一度流行するとされてたけど、近年は毎年のように流行を繰り返しているんだそう。

インフルエンザb型の症状は、基本的にはa型と同じで「38℃以上の高熱、全身の筋肉痛や関節痛、強い倦怠感、のどの痛み、激しい咳、頭痛、鼻水」などがあるの。さらにb型の特徴として「下痢、嘔吐」などの消化器系の症状もでやすい傾向があるんだって。

また、インフルエンザb型は38℃以上の高熱が出ないケースがあるから、感染していても気づかないままにしてしまう危険性があるから注意が必要だよ。

軽い風邪かと思って、そのまま会社に出勤してしまったら、インフルエンザを広めてしまうことにもなりかねないと思う。インフルエンザが流行している時期に関節痛や強い倦怠感などの全身症状が現れたときは、病院での検査をおすすめするよ。

インフルエンザb型の特徴に消化器系の症状があるといったけど、ノロウイルスも同じ時期に流行するため混同する人も多くいるんだって。

見分けるポイントとしては、インフルエンザの特徴である全身症状だよ。ただしどちらかのウイルスに感染すると抵抗力が落ちちゃうから、まれに同時に感染してしまうケースもあるんだとか。どちらも早期治療が大切になってくると思う。

インフルエンザb型はいままで一度かかると免疫がついて罹らなくなると言われているんだよ。現在のところ、ウイルスは2種類確認されていて、また定期的に変異しているので、まったく可能性がなくなるわけではない。と思う。

日々の予防と、気になる症状が出たときには早めの対処が大切だからね。