最近は、電車内での公告やテレビコマーシャルでキャッシングという単語を聞く機会が増えましたが、どういったものか知っているでしょうか。

混同されがちなクレジットとの違いは何なのでしょうか。

キャッシングとは、一定の決められた範囲内でお金をかりられる仕組みを意味します。

クレジットは、商品決済に決まった金額までの支払いとして使うものを指します。

クレジットを使う際の注意点として、クレジットの提携店でのみ使えるという点があります。

一方、キャッシングは目的に制約がないため、使い道は何でもいいという強みがあるといいます。

キャッシングは系統によって大きく3つに分かれます。

それは信販系キャッシング、消費者金融系キャッシング、銀行系キャッシングです。

キャッシングを利用すると金利がついてくるのですが、利用するキャッシングによって利率は異なります。

利率が異なるということは、トータルの支払いが変わってくることを意味しています。

よく検討して、どのキャッシングを選ぶか決めてきめてください。

保証人も担保もいらないキャッシングは手軽な融資が可能ですが、そのために借りすぎて返済に行きづまってしまうこともあります。

返済の段階で問題になることがないように、今ここでお金を借りる意味をきちんと理解した上で、キャッシングに踏みきるようにするといいでしょう。