この頃は、ヒアルロン酸を配合した化粧品や、関節痛予防のサプリメントがあります。

薬なども多く出ているので、名前に聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸というのは、身体の関節や皮膚に多くあるゼリー状の成分です。

ヒアルロン酸は、関節同士の摩擦を防ぎ、スムーズに稼働するように仲介をする機能があります。

肌トラブルの改善やしわやたるみを解消する効果もあるため、とても大事です。

若い頃は体内に豊富なヒアルロン酸やコラーゲンでも、年を取ると失われていきます。

幼児期と比較すると、30代で体内のヒアルロン酸は25%程度にまで減少してしまいます。

ヒアルロン酸が体内から減少して効果が減るとどうなるのでしょうか。

お肌はハリがなくなったり、みずみずしさがなくなったり、乾燥しがちになりしわができる原因にもなります。

また、関節同士の動きをなめらかにしていたヒアルロン酸がなくなれば、痛みが生じやすくなります。

加齢と共に関節の痛みが顕著になるのは、関節部位のヒアルロン酸が少なくなったことで、関節と関節の潤滑機能が働かなくなるためだといいます。

関節の動きをよくするためや、お肌の調子を整える効果が、ヒアルロン酸には期待できます。