ふるさと納税って、最近はよくテレビ番組でも取り上げられるし、地方の特産品や美味しいものがお得に手に入る華々しいイメージが先立ちますよね。

でも実際に周りにふるさと納税をした人がいますか?お得なイメージが先行して、実態はあまり知られていないかもしれませんね。

ふるさと納税とは、納税というより実はどちらかというと寄付に近いんです。

あなたの出身地やゆかりのある土地でなくても、例えば好きなドラマの舞台になった土地などどこの自治体へでも行うことが出来ます。

そして寄付金の内、2,000円を超える部分については所得税や個人住民税から控除されて、後々自分へ返ってきます。

例えば5,000円の寄付を行えば、後から3,000円の税金の控除が受けられるということです。

あなたの負担額は2,000円で、思い入れのある自治体には5,000円の収入があるので、例えば故郷への寄付など負担額以上に自治体に貢献出来ます。

では何故、この制度が今人気があり、注目が集めているか・・・。

それがご存知の通り、返礼として送られてくる地域特産品や名産品の数々です。

実質2,000円で現地のお土産屋さんで購入するのと勝らずとも劣らない品物が手に入るのが人気の秘訣です。

ふるさと納税を楽しんでいる家庭ではいろんな自治体の返礼を吟味して、各地方の特産品を楽しんでいるようです。

ふるさと納税がお得だということを簡単に分かってもらえたかと思います。

じゃあ何で周りに寄付をしたことがある人が少ないのでしょうか?それにはいくつか理由があります。

ひとつは寄付自体の手続きが面倒くさい場合があること。

自動的に給料から引き落とされる所得税・住民税と比べたら、自発的に動かなければいけない制度なので、確かに面倒くさいかもしれませんね。

また、前半で限度額があると言いましたが、寄付した金額が無限に控除される訳ではありません。

上限金額を超えてしまった部分については控除されずお金が戻ってきません。

その限度額の計算が手間なのも理由のひとつかもしれません。

ふるさと納税でお金が戻ってくるシステムはあくまで控除なので、一時的に現金の支出が必要なことも理由にあげられるでしょう。

年間を通して考えると支出額は2,000円ですが、寄付した時点だけで考えると全額を支払うことになります。

さらにお金が返ってくるのは確定申告が必要です。

確定申告は基本的には自分で行わなければならず、3月には書類を揃えて確定申告の会場に足を運ばなければいけません。

このあたりがふるさと納税のハードルとして立ちはだかっているのではないでしょうか。