せっかくふるさと納税というシステムがあるから、少しでもお得に活用してほしいです。

注意してほしいのは申し込み期限や定員について。

実は人気のあるふるさと納税先の自治体では、年が始まって早々に寄付を締切るところがあります。

特に人気があるのがお米やお肉、蟹や魚介類など食料品で、質はさることながら量も家族全員お腹いっぱい、満足出来ます。

長野県阿南町では3万円の寄付でお礼としてもらえるお米60キロがわずか4ヶ月で締切になったそうです。

せっかくお得な自治体を発見して、ふるさと納税の制度や手続きを調べて、家計に余裕があっても相手先の自治体の受け入れがなければガッカリですよね。

なので、あなたが前年から気になるふるさと納税のプレゼントがあれば、チェックをしておいて、年が明けたと同時に準備することがお得にシステムを活用出来るポイントです。

ところで、お米60キロって結構な量だと思いませんでした?
ふるさと納税で貰えるお礼は、味見程度じゃないんですよ。

例えば同じお米では、滋賀県多賀町、岡山県吉備中央町、福島県広野町など6地方自治体が3万円の寄付で60キロのお米をもらえます。

これって購入すると10キロでだいたい4,000円ぐらいはしますし、家族4人中高生の食べ盛りの子どもがいても3ヶ月は保つ量なんですよ。

続いて、地方の美味しいものって言ったら、やっぱりお肉じゃないでしょうか!
鶏・豚・牛それぞれ、美味しい地方特産品をお礼としている地方自治体があり、ステーキ・しゃぶしゃぶ・すき焼きなど用途も充実してバリエーションも充実しているので、選ぶのが楽しみになります。

ふるさと納税でもらえるお得でお勧めのお肉がこちら。

山形県最上町 牛肉2キロ(1万円寄付)――肉の産地として名高い山形のお肉が2キロももらえます。

これだけあれば、家族で焼肉をしても十分、みんな満足出来ます。

豚肉も有名どころがお得ランキングにインしてますよ。

宮崎県都城市では1万円のふるさと納税寄付で4キロのお肉がもらえます。

鶏肉もやはり大御所大分県国東市では、1万円の寄付で3キロの手羽先肉がもらえます。

大好きな唐揚げにぴったりですね。

海鮮系もお得で充実。

特に日本海側ではカニがお礼にもらえるふるさと納税対象の自治体もいくつかあります。

鳥取県鳥取市では、たった1万円の寄付で夫婦活ガニが届くんですよ。

他にも山口県のエビや大分の牡蠣、福岡のうなぎ、静岡に至っては伊勢海老・あわび・さざえセットなんて1年に1回、いや数年に1回しか食べられないようなご馳走をゲットすることが出来るんです。

なので、最初にもお伝えしましたが、年が明けたらお得なふるさと納税はすぐに寄付!これが大切です。