ふるさと納税は寄付した金額の一定額が控除という形で返ってきます。

詳しく言うと、所得税・住民税・住民税の特例分の3つから税金がそれぞれ控除されます。

しかし、ふるさと納税の場合、具体的に○○円が戻ってきますというわけではありません。

個人の所得などによって返金金額が違うため、ややこしい計算式になっています。

これがふるさと納税に消極的になってしまう理由のひとつでもあります。

また寄付すればするだけ、税金が控除される訳ではありません。

例えば、ダルビッシュ有選手が所得税と同額のふるさと納税を行ったからと言って、全額控除を受けられる訳ではないのです。

控除には限度額があります。

一般的にはふるさと納税は住民税額の2割が目安と言われています。

これ以上は限度額を超えてしまうおそれがあります。

それは住民税の特例分が住民税・所得割額の20%を限度にそれぞれの所得に従った控除率で決まるからです。

ちょっと何を言っているかよく分からないかもしれませんが、とりあえずここでは流してください。

また、注意しなければいけないのが、ふるさと納税を行う時期です。

確定申告はその年の全ての所得や住民税などの支出を元に行います。

つまりふるさと納税として寄付した時点では、その年の所得は確定していません。

その為、返ってくるであろう控除額はあくまで予想になります。

寄付しすぎるケースもまだまだ寄付出来たケースもそれぞれ可能性があります。

ちなみにふるさと納税を自力で出す計算式もありますが、所得税・住民税・住民税の特例分と3種類も計算しないといけない上、所得に応じて掛け率が違ってきてしまう為、ここでは紹介しません。

でも、後になってから控除出来なかったなんて絶対嫌!ですよね。

出来る事なら、予測でもなんでもいいから寄付する前におおよその限度額の目安を知りたい気持ち、分かります。

ここで紹介するのは便利な限度額のシミュレーションシステムです。

ふるさと納税について紹介したサイトにはこの限度額を計算してくれるところがいくつか有ります。

一番簡単なシミュレーションで自分の給与収入額と配偶者の有無、扶養家族の人数を入力するだけで限度額が計算されます。

(http://www.satofull.jp/static/calculation02.php#sim_content)

さらにもっと詳しいことが知りたかったら、給与収入額、配偶者の有無、扶養家族の人数に加えて、配偶者の年収、扶養家族の年齢、社会保険料等のトータル金額、生命保険料・地震保険料
控除額、医療費控除の金額、住宅借入金等特別控除額が分かればより詳しく計算してくれる別のホームページ(http://www.furusato-tax.jp/example.html)もありますよ。

確定申告をしたことがあれば分かると思いますが、実はこの限度額の計算、計算式で答えを出すより理論を理解する方が時間が掛かるんです。

計算している間に地域の特産品が無くなって、ふるさと納税が締め切られては残念過ぎます。

是非、便利なツールを有効活用してくださいね。