サプリメントも販売されているのが、膝痛に効果がある成分のひとつであるグルコサミンです。

良くテレビCMでも目にするものですが、サプリメントの中でもグルコサミンが配合されたものは最近人気があるようです。

膝痛を変形関節症になった関節を修復しでて緩和する効果があるのが、天然のアミノ酸の一種であるグルコサミンなのです。

甲殻類に多く含まれるグルコサミンは自然界に広く存在する栄養素で、特にエビやカニ、ロブスターなどに入っています。

甲殻類にアレルギーがある人でもグルコサミンを摂取できるように、最近ではなってきているようです。

発酵グルコサミンのサプリメントといって、トウモロコシを利用した植物性のものもあるそうです。

元々、魚や肉などの食材からグルコサミンを生成しているのが、人の体です。

生成量は年齢と共にだんだん低下するため、軟骨細胞の再生能力が徐々に低下し、関節同士がぶつかることで起きるのが、膝痛などの痛みを生じやすい状態です。

摂取量の目安はグルコサミンの場合1日につき4~5グラムですが、あまりにも膝痛の程度がひどい時は増やしてしまっても良いといいます。

摂取後の腸への吸収が、コラーゲンやコンドロイチンと比較すると、グルコサミンは早いものだそうです。

1日の必要量をまとめて摂取するより、2~3回に分けて摂取した方が良いサプリメントだといえます。

両方の成分を配合したサプリメントは膝痛に悩む多くの人に利用されているのは、グルコサミンがコンドロイチンと併用するとより高い効果が期待できる成分と言われているからでしょう。