日焼け対策と言うと、日焼け止めクリームを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

SPFとPAと言う指数に、日焼け止め対策として、クリームを使う場合注意たほうが良いようです。

SPFと言う指数は、中程度の波長の紫外線を防ぐ数値を指しています。

もうひとつ紫外線を防ぐ指数の事は、PAと呼んでいるそうです。

実は紫外線の波長は、長さが短、中、長と3つあるといいます。

紫外線の中でも私たちに影響があるといわれているのは、中と長の2つです。

実際に日焼け止めを買うとき確認したほうが良いのは、SPFとPAです。

汗などに日焼け止めは強いとはいえ1日中は持ちませんので、朝出かける時に塗るだけでは効果がありません。

たとえ海など水に入るわけではない普段の生活をする場合でも、おすすめなのは1~2度塗り直しすることです。

日焼けの対策には、日焼け止めを塗るだけではなく、日傘、帽子、サングラスなどといった小物も活用しましょう。

特に帽子は、つばの広いタイプを選ぶと紫外線を遮る役目もしてくれ、頭皮や髪などを守ってくれる大切な日焼け対策のひとつです。

UVカット機能などのあるものを選ぶようにしたほうが良いもが、サングラスです。

普段はあまり気にしていませんが目も紫外線の影響を受けているのが、私たち人間です。

けっして紫外線は目に良いとはいえないものです。

しっかりと日焼け対策をするためにも、サングラスを選ぶ際は、必ずUVカット機能があるかどうか確認したほうが良いでしょう。