肥満体質や体重の増加によって起こる様々な健康障害などは、やはり、コレステロールや内臓脂肪との関係性が高いとされています。

肥満体質改善の為にダイエットを考える人が多くいるようです。

一般に体重が増加し肥満体質になる要因は様々あります。

年齢や筋肉量によって基礎代謝量が減ったり、カロリーオーバーの食事をしていたり、運動の習慣がないなどの理由が一般的なようです。

食生活の乱れや慢性的な運動不足からくる体重の増加や肥満体質の改善を考える場合に、ダイエットをしてスリムになろうと考える方が増加しています。

企業の健康診断などで、体重の増加や肥満度の進行を指摘され、高血圧や高血糖の対策のためにダイエットをすすめられたことが取組のきっかけになる方もいます。

特に中高年になると基礎代謝率が低下することでカロリー消費が減少傾向になります。

基礎代謝が低下しても若い頃と変わらない食事をしていると、結果的に体重が増え肥満になりやすくなるようです。

昔はダイエットに関心が高いのは女性であるといった認識が一般的でした。

しかし、近年では、ダイエットにとり組む人は年や男女に関係がなくなっています。

生活習慣病の危険性が高い人は成人ばかりではなく、この頃は子どもの肥満も社会的な問題になってきています。

欧米化した食生活や、生活習慣の問題などからくる子供の体重の増加や肥満体型が原因の健康被害も大変問題となっています。