現在肥満体型なのか痩せすぎなのかは、標準体重からの比較でわかります。

体重(単位㎏)を身長×身長(単位m)で割った数字をBMIといい、世界で広く使われている標準体重の計算方式です。

BMI18.5以下の人は、体重が少なすぎると見なされてます。

BMIの算出結果が18.5から25.0のどれかなら、標準体重となります。

肥満度は段階的に判断されており、20~30を肥満度1、30~35が肥満度2、35~40が肥満度3、それ以上は肥満度4となります。

BMIを見る時は、体脂肪率は考慮されていないことは知っておきましょう。

数値だけでは本当にその人が肥満かどうか正しく判別することはできません。

体格ががっちりしていて体重が多くても、筋肉が多いゆえの重みであるならは、減量はいらないということがあります。

標準体重を基に体重計に乗って、管理することも大切です。

自分の健康状態を知るためには、定期的な体重計測で標準体重との比較を行うだけでなく、体脂肪率を測ることも役立ちます。

脂肪は筋肉より軽い部位なのが、運動不足などで筋肉が減って脂肪が増えていても、体重計の数字自体は軽くなっているということもありえるようです。

体脂肪率については、特に女性は標準体重でも高くなってしまっている場合があるようです。