キャッシングとカードローンの返済システムはそれそれ別個のものですか、似ているところと違うところとがあります。

カードローンの返済で多くとられているのは、残高スライドリボルビング方式です。

前もって返済回数を決めてしまい、毎月おなじ金額を返済していく方法と比べると返済期間は長くなってしまいます。

とはいえ、返済残高が減るにつれ、毎月の返済金額が少なくなるのは、うれしいところといえるでしょう。

かつては、お金を借りる時はローンを利用することが多かったようです。

カードローンでは、最初にカードを受けとり、そのカードをATMや自動支払機に通してお金をやり取りしています。

近年では、キャッシングもATMを使う、カード式で行われるようになりました。

もともとは高額の融資を受けて分割払いで返済していくのがカードローンです。

一括返済を前提として融資を受けるのがキャッシングでした。

幾らかの現金が必要な時はキャッシング、高い買い物をする時に使うものがカードローンというのが以前の形でした。

双方の違いが薄れているのが実状だと言われます。

小さな金額をカードローンで借りることができますし、キャッシングを多めに借りて何回かに分けて返済する人も増えているといいます。