キャッシングとカードローンはどちらも返済が大事です。

高額なお金を借り入れることが、カードローンでは多くなってしまいがちです。

借りたお金の返済は、月の決まった日に、あらかじめ決まった金額ずつを返していきます。

基本的には、カードローンの審査を受けた時に限度額が決まり、いくらまでの融資が行われるかがわかります。

クレジットの融資とカードローンは別扱いです。

返済スタイルは様々なものがありますが、中でも最近はリボ払いが注目されています。

特によく用いられている返済方法には、リボルビング払いを少しアレンジした残高スライドリボルビング方式というものです。

リボ払いでは返済の金額上限が決まっていますが、残高スライドリボルビング方式になると残高によって変化します。

月々の返済金額は、返済残高が少なくなるに伴い、段階的に減っていくことになります。

キャッシングでは、リボ払い、元利均等方式、元金均等方式などに基づいて月々の返済金額が決定されます。

キャッシングとカードローンを比較すればキャッシングの方が返済の方法は多いですが、キャッシングは小口融資に留まるところが大半です。

融資を受けるための審査については、大口融資になるカードローンの方が、キャッシングよりもハードルが高いといいます。