キャッシングもカードローンも、返済の仕組みはよく似ています。

カードローンの場合は、借りる時はまとまった大きな金額を借り入れて、返済は毎月決められた日に決められた金額を返済していくタイプが一般的なようです。

借りる時の上限は、カードローンを申し込んだ先の金融機関の所定の審査によって決定した金額となります。

カードの利用上限とは利用限度額は違うものです。

リボルビング払いという、毎月の支払いを一定に保つ形式の返済方法が増えています。

残高スライドリボルビング方式という支払い方法が、カードローンでは行われることが多いようです。

読んで字の如く、残高スライドリボルビング方式では、返済残高に応じて月々の返済額が段階的に変化します。

返済によって残高が減るに従って返済額も徐々に減っていくことになります。

キャッシングの返済には、元金均等方式、元利均等方式、リボ払いなどの返済方法があります。

どんな条件で返済を行うかは、キャッシングの方が希望が通りやすいといいます。

キャッシングは、小口の融資しかできないところが多いことが注意点です。

キャッシングの方が利用限度額が少ないため、カードローンと比べると審査を通過しやすいと言われています。