より低金利で住宅ローン融資を受けたいのであれば、固定金利型より変動金利型の方が向いています。

住宅ローンを変動金利制で借りた場合、半年に1度の頻度で金利が変わります。

低金利ローンだったはずが、金利が高くなる可能性もあります。

ですが、金利は半年に1度変わっても、月々の返済金額が急に変わるわけではありません。

5年に1回、返済金額はそれまでの金利によって変わります。

ただし、住宅ローンの金額は現時点の1.25倍より多くならないことになっています。

金利が変わったとしても、大幅に返済金額が増えないようになっているのです。

金利の低さはバブル時代と比較すると驚くほどの差がありますが、低金利の住宅ローンほど返しやすいことは変わりません。

限りなく0%に近い金利で住宅ローンを行っている金融会社もあり、多くの人が使っています。

長期的に金利の変化を考えた場合、住宅ローンの変動金利は以後増えることがあります。

返済においては、始めの頃は借入金より利息の負担の方が大きいことが多いようです。

せっせと返しても、住宅ローンの元金の返済はわずかに過ぎないこともあります。

住宅ローンを変動金利で借り入れ、低金利で融資を受けたら、金利が上がる前に前倒しで返済をするという方法もあります。

住宅ローンの借入金そのものをいかに早く減らせるかです。

低金利という理由だけで、変動金利の住宅ローンを選択する人も多いのですが、先行きを見通す力もある程度必要になります。